内科 消化器内科 胃腸内科 循環器内科 片桐医院|大田区 大森町 梅屋敷 内視鏡検査 高血圧 脂質異常症 がん検診 特定健診

<strong>内科 消化器内科 胃腸内科 循環器内科 片桐医院|大田区 大森町 梅屋敷 内視鏡検査 高血圧 脂質異常症 がん検診 特定健診</strong>

大森西の片桐医院の診療時間は、月・木・金は9:00~12:00、16:30~19:00、火は午後は17:00まで、水午前は9:00~12:30、月・木・金の13:00~15:00は大腸カメラ検査|水曜午後、土曜午後、日・祝は休診

内視鏡検査の予約はこちら

大森町 梅屋敷の片桐医院の電話番号03-3761-3948

大森町 梅屋敷の片桐医院は駐車場50台をご用意しております

痛くない辛くない
大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査も胃カメラ検査と同様、大腸の中をカメラで直接見る検査になります。

大腸内に病気がないかの確認に加えて、色や状態から患者さんの腸の状態を診断していきます。

以下のようなお悩みをお持ちの方は一度検査を受けてみましょう

  • 便秘
  • 下痢
  • 細い便
  • 血便 など

大腸カメラ検査で発見・診断できる病気の例

  • 大腸がん
  • 大腸ポリープ
  • 潰瘍性大腸炎・クローン病
  • 大腸憩室症
  • 虚血性陽炎
  • 感染性腸炎
  • 内痔核 など

痛みの少ない検査を心掛けております

鎮静剤を使用し、眠ったまま検査を受けていただけます

当院の大腸カメラ(内視鏡)検査は、鎮静剤を使用し苦痛を感じることなく検査を終えることができます。

中には痛みに敏感な患者様もいらっしゃいますので、そういった場合には鎮痛剤で痛みをやわらげて検査をいたします。

検査をする前には医師や看護師より下剤の飲み方などについて、細かな説明を致します。

検査前準備用の個室をご用意しております

ご自宅でリラックスしながら下剤を飲んで来院後検査になりますが、ご心配な場合、朝から来院して下剤を飲むことも可能ですのでご相談ください。

ポリープは検査中に切除できます

大腸カメラ検査の中でポリープが見つかった場合には、その場で切除することができます。

ポリープ切除自体には痛みはございません。

出血の少ない体に優しい切除術

ポリープの切除は、輪っか状のワイヤーをポリープに引っ掛け、徐々にその輪を絞っていくことで行います。

また、小さなポリープでも、ワイヤーが引っかかりやすくなるように、ポリープ下に生理食塩水を注入し、膨らませてから切り取ることもできますので、小さなポリープも逃さず切除できます。

検査の流れ

1. 受診
まずは外来を受診していただき、症状をお聞きしながら医師が診察をいたします。
診察で大腸カメラ検査が必要と判断した場合、木曜日・金曜日のどちらかで検査日程を決定いたします。その後医師・看護師より検査について詳しくご説明させていただきます。
2. 検査前日
原則、食事は当院で指定したもの(検査食)を取っていただきます。
夜は9時までにお食事を済ませていただき、それ以降は水かお茶の摂取のみにしてください。
就寝前に下剤ラキソベロン10mlをお飲みいただきます。
3. 検査当日
検査当日は食事はせず、午前中に2時間かけてモビプレップという下剤を服用していただきます。
モビプレップは比較的新しい下剤で、量が少なく、腸内洗浄にかかる時間が短いことが特徴です。味はややすっぱく、スポーツドリンクのような味です。
濃い液体ですので、服用された後にはやや脱水状態となります。ご高齢の方、腎機能の悪い方には不向きです。
下剤の服用が不安な方のために、当院には検査前準備用の個室もご用意しておりますので、ご相談ください。
13:00頃にご来院いただき、検査を実施いたします。
4. 検査後は安静に
拮抗剤を使用し直ぐに目を覚ましていただき、検査結果のご説明をさせていただきます。その後は少し休んで頂き、お腹の動きが回復したらお帰りになれます。
5. 検査結果のご説明
撮影した画像を直接みて頂き、医師より検査の説明をさせて頂きます。
また、ポリープの切除を行った方は、2週間後にまた来院していただき、検査の結果をご説明いたします。
6. 検査後に気を付けること
検査の結果異常が見つからなければ、通常通りに過ごしていただいてかまいません。
ポリープの切除を行った方は、2日間は入浴を控えていただき、検査後1週間は、アルコールや香辛料など刺激の強いもの、また激しい運動は避けてください。出張やご旅行も控えて頂き、なるべく消化のいいものを召し上がってください。

検査でのご注意点

検査の費用(保険適用3割負担)

感染症等の初期検査費用 約2,500円
検査料金 約6,000円~35,000円
※組織検査やポリープの有無により異なります。

定期的な大腸内視鏡検査で、大きな病気を予防しましょう

大腸内視鏡検査は、胃カメラ検査以上に敬遠されがちな検査です。
恥ずかしい、痛いかもしれないなどの不安を多く抱えている患者様が多いです。

しかし、大腸がんで亡くなる方の数は年々増えており、予防、早期発見のためにも大腸内視鏡検査はとても大切です。

特に症状がなくても大腸カメラを行うことにより、小さい腺腫を見つけて切除することで、大腸がんの芽を摘むことができます。

なるべく苦しくなく、痛みの少ない検査を受けていただけるよう心掛けておりますので、是非定期的な検査を受けるようにしましょう。

病気のコラム
ピロリ菌
逆流性食道炎
機能性ディスペプシア
胃けいれん
胃腸炎
胃潰瘍
過敏性腸症候群(IBS)
大腸がんについて
生活習慣病について
高血圧
脂質異常症
肥満症
糖尿病
高尿酸血症(痛風)
動脈硬化
ノロウイルス
気管支炎
気管支喘息
肺炎
不整脈
アレルギー
SAS 睡眠時無呼吸症候群
禁煙外来

このページの先頭へ戻る