内科 消化器内科 胃腸内科 循環器内科 片桐医院|大田区 大森町 梅屋敷 内視鏡検査 高血圧 脂質異常症 がん検診 特定健診

<strong>内科 消化器内科 胃腸内科 循環器内科 片桐医院|大田区 大森町 梅屋敷 内視鏡検査 高血圧 脂質異常症 がん検診 特定健診</strong>

大森西の片桐医院の診療時間は、月・木・金は9:00~12:00、16:30~19:00、火は午後は17:00まで、水午前は9:00~12:30、月・木・金の13:00~15:00は大腸カメラ検査|水曜午後、土曜午後、日・祝は休診

内視鏡検査の予約はこちら

大森町 梅屋敷の片桐医院の電話番号03-3761-3948

大森町 梅屋敷の片桐医院は駐車場50台をご用意しております

胃けいれん

胃けいれんは、胃の壁にある筋肉層が異常に緊張して痛みを発する状態が、けいれんを起こしているかのように感じるため、そう呼ばれています。

胃けいれんは症状に対する呼び名で、それ自体が病気ではありませんので、しっかりとした治療を行うためにも、原因となる病気を見つけることが大切です。

胃けいれんの症状と原因

症状

  • みぞおちのあたりを中心に痛みの発作が起きる。
  • 発作の時間は数分から長いものでは1~2時間続くこともある。

考えられる原因

胃けいれんは胃炎や胃潰瘍、胃がんといった胃の病気の他に、十二指腸潰瘍や胆石症、膵炎などの病気である可能性も考えられます。

その他、強いストレスを感じて緊張しすぎた場合にも起こることがあり、この場合は検査等でも異常はあまり発見されません。

治療について

まずは鋭い痛み抑えるために鎮痛薬を用います。

その後、血液検査や内視鏡検査を行い胃けいれんが起こる原因を調べ、原因に対する治療を行います。またストレスが原因の場合は、その解消に努めることが大切となります。

痛みを緩和したり、胃の緊張をほぐす薬を用いても、あくまで一時的な対処でしかなく、その後放っておくと病状が悪化する可能性が高くなります。

胃に痛みが出たらそのままにせず、きちんと医師による原因の診断を受け治療を受けましょう。

病気のコラム
ピロリ菌
逆流性食道炎
機能性ディスペプシア
胃けいれん
胃腸炎
胃潰瘍
過敏性腸症候群(IBS)
大腸がんについて
生活習慣病について
高血圧
脂質異常症
肥満症
糖尿病
高尿酸血症(痛風)
動脈硬化
ノロウイルス
気管支炎
気管支喘息
肺炎
不整脈
アレルギー
SAS 睡眠時無呼吸症候群
禁煙外来

このページの先頭へ戻る